不眠症 診断・症状チェック

不眠症とは自身が入眠したい、(眠りに入りたい)ときに満足な安眠をすることが出来ない睡眠障害をきたしていることをいいます。
これにより、日中の眠気や注意が散漫するといったことにより体調不良を起こす原因ともなる。
女性の方が多いとされ、20歳からはじまり中・高年齢になると急激に増加するといわれています。
※Javascriptが無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

無料診断のご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。
あなたに不眠症の傾向がないか、現在の症状から無料で診断します。
この「不眠症 診断・症状チェック」は、うつ病の様々な症状を考慮して作成しています。
全8問で1分程度で診断できます。

スタート!!

先生
ここ2~3日の気分・状態になるべく近いものを選択して下さい。
どれにするか迷った場合は、感覚的に近いものを選びましょう。
  • ベット・布団に入ってからすぐに眠ることができる

    • できる

    • 少しかかる

    • かなりかかる

    • 全く眠れない

  • 睡眠途中、夜中に目が覚めて困ったことがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 目が覚めてしまい、寝付けないことがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • トータルの睡眠時間に満足している

    • 満足している

    • 少し足りない

    • かなり足りない

    • 毎回足りない

  • 睡眠の質に満足している

    • 満足している

    • 少し足りない

    • かなり足りない

    • 毎回足りない

  • 日中の気分に影響している

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 日中の身体・精神の両方の活動に支障をきたすことがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 日中に眠くなることがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 診断結果
    スコア (100点満点で高得点ほど重い症状)
    状態
    寸評
この「不眠症 診断・症状チェック」は、WHO(世界保健機構)が中心となって設立した「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」の中で世界共通の判定方法として作成された「アテネ不眠尺度」により不眠症の程度を測ることができる自己評価表です。
自分自身の状態を測定し、あくまで目安として心の状態を客観視して頂ければと思います。

不眠症とは

不眠症とは、夜寝ることができない、寝付きが悪い、眠りを継続することができない、朝早く起きてしまう、十分に寝た気がしないといった症状が続き、それに伴い、日ごろの生活の中で眠気に襲われるや、注意散漫、疲れの訴えといったような体調不良を引き起こす状態のことをさします。
日本では5人に1人がこの不眠症に悩まされているといわれ、社会問題と視る専門家も多く、男子と女性ではその数は女性の方が多いとされ、20代にその症状がはじまり、中・高年齢になると急激にこの不眠症の症状になる方が増加します。
ページの先頭へ