統合失調症 診断・症状チェック

統合失調症は幻覚や妄想などにより興奮するなどの激しい症状がみられます。また、意欲の低下から感情の起伏の喪失、引きこもりといった多様な精神症状を呈します。
身近な家族や友人にその可能性があるかも確認することができるようになっております。
※Javascriptが無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

無料診断のご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。
あなたに統合失調症の傾向がないか、現在の症状から無料で診断します。
この「統合失調症 診断・症状チェック」は、統合失調症の様々な症状を考慮して作成しています。
全16問で2分程度で診断できます。

スタート!!

先生
ここ2~3日の気分・状態になるべく近いものを選択して下さい。
どれにするか迷った場合は、感覚的に近いものを選びましょう。
  • 自分を責める誰かの声が聞こえてくる(聞こえるという)

    • は い

    • いいえ

  • 悪口を言われたり、嫌がらせを受けている(悪口を言われ、嫌がらせを受けるという)

    • は い

    • いいえ

  • 誰かに操られていると思う(操られているという)

    • は い

    • いいえ

  • 不安や緊張を強く感じるようになった(強く感じているようだ)

    • は い

    • いいえ

  • 話しをすることが億劫、苦痛になので話したくない(話さなくなった)

    • は い

    • いいえ

  • 外に出ず、部屋に引きこもりがちでぼんやりすることが多いと思う

    • は い

    • いいえ

  • 独り言が増えたと思う

    • は い

    • いいえ

  • 頭の中が騒がしく不眠もしくは過眠となることがある(不眠や過眠が多いという)

    • は い

    • いいえ

  • つい先ほどのことが思い出せなくなったり、考えがまとまらなくなった(考えが混乱していたり話しにまとまりがない)

    • は い

    • いいえ

  • 監視・盗聴されており狙われていると思う(誰かに狙われているという)

    • は い

    • いいえ

  • 些細なことでも気になってしまい、それがきっかけで興奮することがある

    • は い

    • いいえ

  • 喜怒哀楽の感情が湧いてこない(感情を見せなくなった)

    • は い

    • いいえ

  • 何もかもに関心を持てない

    • は い

    • いいえ

  • 全てが億劫で、何をするにも意欲や気力がわかない

    • は い

    • いいえ

  • 1つのことに集中したり、判断が鈍くなってきた

    • は い

    • いいえ

  • ここ1ヶ月ほど判断が鈍くなってきたと感じる

    • は い

    • いいえ

  • 診断結果
    スコア (100点満点で高得点ほど重い症状)
    状態
    寸評
この「統合失調症 診断・症状チェック」は、統合失調症の診断基準(DSM-IV-TR)より引用した統合失調症の程度を測ることができる自己評価表です。
自分自身の状態を測定し、あくまで目安として心の状態を客観視していただければと思います。

統合失調症とは

統合失調症とは、一言でいえば上手く精神機能が働かなくなってしまう状態のことをいいます。
通常、喜怒哀楽である、喜びや怒り、悲しみや楽しみといった感情を持っております。
そして人は考えて判断し、行動をしていますが、こうした感情と思考は全て脳内のネットワーク内で処理がされています。
しかし、何かの要因により過敏に通常はそこまで反応することがないことへ反応をしまうことより、正常な処理を脳内がすることができなくなってしまい、感情や思考が全うに働くことがならなくなってしまうことが統合失調症となります。
そうなることにより、様々なネットーワークの機能が低下するため、本来人がいない場所で声が聞こえたり、幻覚が見えたり、周りが自分のことを悪くいっているように感じるなどといった様々な症状が現れるといわれています。
こういった症例には大きくわけて、幻覚や妄想などがみえる「陽性症状」と、意欲の低下などがおこる「陰性症状」、そして臨機応変に対応をすることができなくなる「認知機能障害」の3つに分けられると言われています。
ページの先頭へ