エビリファイとは

エビリファイ エビリファイ(一般名:アリピプラゾール)は、「統合失調症の治療薬」になります。
大塚製薬が開発し、世界の60か国以上で承認されている非定型抗精神病薬の1つであり、メジャートラキンライザー(抗精神病薬)の一種で、2006年に発売されたばかりの新薬になります。
最初は統合失調症の効能という事で日本の薬事法認可を受けましたが、気分が落ち着かなかったり、意欲低下や精神の変調が激しい場合や集中力が欠けたり、物事に興味がなくなるといった精神症状にも応用して使われる場合がありました。
最近になって、うつ病の効能を取得し、精神症状にも効果があるとされました。
統合失調症に関して正確な原因などは解っておらず、仮説として脳内の神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンなどが崩れ、発症すると考えられております。
神経に直接働きかけるエビリファイは、副反応症状を発症する事が多いのが特徴となっております。
また、長期連用から突然の断薬は体調不良を起こしたり副作用が起きる場合もあります。
エビリファイを服用するにあたって、正しい知識を持って副作用や薬の働きや飲み合わせなどをきちんと把握した上で、服用を始めることが大切な事となってきます。

エビリファイの効果

エビリファイの効果には、メリットとデメリットがあり、メリットは副作用が全体的に少なめであり、陰性症状の改善ができ、抗うつなどにも効果がある事です。
デメリットは、副作用の中で「アカシジア(足がむずむずしてしまい、じっとしていることが出来なくなる症状)」という症状が多めであり、鎮静する力が乏しいことが挙げられます。
また、エビリファイの最大の特徴は他の精神薬とは異なる効果を持っているという事です。

エビリファイの主な効果

  • 陰性症状の改善
  • 抗うつ効果

統合失調症の原因は、ドーパミンが過剰に分泌される為に症状が出ると考えられている「ドーパミン説」というのがあります。
現在製造されている殆どの抗精神薬は、ドーパミンの分泌量を抑える働きを持つものですが、エビリファイは抗精神薬の中では唯一、ドーパミンの分泌を抑えるのではなく、ドーパミンの量が適量になるように調整してくれる効果があります。
その為、ドーパミンの量が多い時にはブロックする働きがあり、ドーパミンの量が少ない時には分泌量を増やしてくれます。
また、副作用が少ないのは良いことですが、その為に抗ヒスタミン作用というのが無い為、鎮静する事が出来ず、興奮している方などには効果が無いデメリットもあります。

エビリファイの副作用

エビリファイは穏やかな作用の為、副作用は少ないほうとされていますが、全く副作用が無いわけではありません。
エビリファイの副作用を下記に紹介しております。

エビリファイの副作用

  • 神経過敏、手や指が震える
  • アカシジア
  • 不眠症
  • 不安障害
  • 拒食症
  • 体重減少、便秘、強い腹痛
  • 悪性症候群、痙攣(けいれん)
  • 遅発性ジスキネジア、アナフィラキシー
  • 低血糖、肝機能障害
  • 静脈血栓塞栓症

服用を始めた時には初期症状として注意が必要となってきます。
精神の変調が気になる場合には、すぐに医師に相談してください。

エビリファイの併用禁止薬

エビリファイに対して過敏症のある方、昏睡状態の方、麻酔剤等を使用している方、バルビツール酸誘導体を使用している方、中枢神経抑制剤などを使用している方は、エビリファイの服用が認められておりません。
また、注意が必要な方は薬物過敏症の方、肝機能に障害や疾患のある方、心疾患のある方、てんかんなどの疾患を持っている方、高齢の方、糖尿病の方、血管に疾患のある方、高血糖の方、低血圧の方、心臓病の方などは服用にあたって注意が必要となります。
お酒などのアルコール類も、薬の作用を高めてしまう事がある為、注意して下さい。

エビリファイの併用禁止薬

  • 抗ヒスタミン薬
  • セロトニン
  • アドレナリン(商品名:ボスミン)
  • 三環系抗うつ薬(商品名:トリプタノール)
  • マクロライド系抗生物質(商品名:エリスロシン)
  • アゾール系抗真菌薬(商品名:イトリゾール)
  • 抗パーキンソン病薬(商品名:レボドバ製剤)
  • リファンピシン(商品名:リファジン)
  • 高血圧治療薬
  • 筋弛緩剤(鎮痙薬)
  • 抗てんかん薬
  • その他の精神安定剤

エビリファイの離脱症状

抗精神薬は、離脱症状を起こす事が殆ど無いと言われておりますが、エビリファイも離脱症状を起こす事は殆どありません
しかし全く起きないという事ではなく、無茶な減薬や断薬をしてしまうと離脱症状を起こす可能性はあります。
エビリファイの離脱症状で特徴的な症状というものはなく、主にドーパミンとセロトニンの働きを調整してくれる作用がある為、急な減薬や断薬を行うとドーパミンやセロトニンの濃度が変化してしまい下記の症状が現われます。

エビリファイの離脱症状

  • 不眠症
  • 興奮、発汗
  • 腹痛、下痢、吐き気
  • 精神不安定

離脱症状を引き起こしてしまう最も多い原因は、自己判断による断薬・減薬となっております。
その為、自己判断で断薬や減薬を行うのではなく医師に相談し、適切な指示に従って行っていく事が望ましいです。
離脱症状と再発の区別は難しい部分でもありますので、きちんと医師に相談して下さい。

エビリファイのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間(20~25年)が過ぎ、同一成分の医薬品として製造された総称です。いわゆるコピー商品であり、後発医薬品の事を差しますが同一成分を利用して開発費用を低く抑える事が出来る点で、そのまま薬価に反映されており、安価で購入する事が可能です。
病院処方であっても、病院にジェネリック医薬品へ変更して欲しいと申し出れば、ジェネリック医薬品に変更してもらう事も出来ます。
エビリファイのジェネリック医薬品には「エビリファイジェネリック」という薬があります。
2006年より大塚製薬から販売が開始されたエビリファイは病院処方の場合、薬価が非常に高額であり使用者の負担も大きいものとなっております。
病院処方の場合【350円前後/1錠(12mg)】し、定期的な服用が必要な為、1日に30mgを超えないように1~2回に分けて服用をします。その場合、1日の薬価は多くて700円前後します。
毎日服用していくとなると、かなりの金額になってしまいます。
統合失調症の症状を抑えてくれると、考えれば安いものかもしれませんが、かなりの出費になることは間違いありません。
「エビリファイジェネリック」は、トレントファーマ社が開発したジェネリック医薬品で、効果や副作用は変わることなく新薬より安価に購入する事が出来ます。
エビリファイジェネリックの薬価は【85円前後/1錠(15mg)】となっており、新薬に比べて非常に安く購入することが出来ますが、国内では処方されていない為、インターネットを通して個人輸入の販売サイトから購入を行います。
また、法律でも個人輸入は認められている為、安心して購入する事が可能であり、販売サイトによってはポイントが溜まったりもするので、同じサイトで継続的に購入する事がお勧めです。
ページの先頭へ