バスパーとは

バスパー バスパー(一般名:ブスピロン)とは、セロトニン5-HT1A受容体作動薬でアザピロン系の非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬になります。
(人によってはブスパーやブスピンと呼んだりする事もあります。)
脳内伝達物質のセロトニン神経活動を刺激し、ドーパミンやアドレナリンといった気分を高揚させる神経伝達物質を増強し、緊張感や不安感、憂鬱(ゆううつ)な気分を抑制する為、うつ病不安障害に悩んでる方に適しております。
また、不安感を抑制する事によって脳内の興奮状態を緩和する効果がある為、入眠障害などの不眠症に悩んでいる睡眠障害の方にも適しております。
不安感により寝付きが悪い方や不安感で日常生活に支障がある方に適しております。
バスパーは、効果がゆっくり現れる抗不安薬の為、依存性や副作用が低く、非常に安全性が高い抗不安薬とされております。

バスパーの効果

バスパーの効果は、脳内伝達物質のセロトニンに作動し、神経伝達物質のドーパミンやアドレナリンを増強し、不安感や緊張感、憂鬱な気分を抑制する効果があります。
その為、不安障害・うつ病・睡眠障害の方に適した抗不安薬になります。
尚、バスパーは、服用してから1~2週間とゆっくり時間をかけて効果が現れてくる優しい抗不安薬の為、重篤(じゅうとく)な副作用や離脱症状は非常に低く、安全性が高い抗不安薬となっております。

バスパーの主な効果

  • 不安感、緊張感
  • 不眠症、入眠障害
  • 焦燥感(しょうそうかん)

バスパーの副作用

バスパーは、効果が優しい抗不安薬の為、副作用は非常に低く安全性の高い抗不安薬ですが、人によっては、めまいや立ちくらみ、眠気や頭痛、神経過敏といった副作用が現れる場合がある為、注意が必要してください。
服用の量を減らしたり、他の薬を飲み始めれる前や併用しようとする場合は、必ず医師に相談して下さい。

バスパーの副作用

  • めまい、立ちくらみ
  • 眠気、頭痛
  • 神経過敏

尚、人によっては滅多に出ない重い副作用が出たりする場合がある為、重い副作用の症状が出た場合には、すぐに医師に相談して下さい。

バスパーの併用禁止薬

バスパーの併用禁止薬は、主に抗うつ薬や抗パーキンソン病薬として用いられる「モノアミン酸化酵素阻害薬(MAO阻害薬)」や、鼻水やアレルギー症状の薬や酔い止め薬にも成分が含まれている「抗ヒスタミン薬(アメリジン)」との併用はしないでください。 また、他の精神安定剤や抗うつ剤、睡眠薬との併用も危険なので併用しないようにしましょう。
尚、妊娠中や授乳中の方や高齢者、肝臓や腎臓に疾患がある方は、バスパーの服用は禁止となっております。
アルコールとの併用も避けるようにして下さい。
また、現在服用している薬があったり、他の薬と併用する場合は、医師に相談して服用するようにしましょう。

バスパーの併用禁止薬

  • モノアミン酸化酵素阻害薬(商品名:オーロリックス、マネリックス)
  • 抗ヒスタミン薬(商品名:アメリジン)

バスパーの離脱症状

バスパーは、セディールなどの抗不安薬と同様に離脱症状が現れる確率は非常に少ない安全性の高い抗不安薬となっております。
しかし人によっては副作用と同じような離脱症状が現れる場合がある為、減薬や断薬する際は、十分に注意して下さい。
重い症状が現れた際は、すぐに医師に相談しましょう。

バスパーの離脱症状

  • 不眠、不安、不快
  • 筋肉痛、震え
  • 筋攣縮(スパズム)、震え
  • 頭痛、吐き気、食欲不振

離脱症状は、病気の再発や悪化とは全く関係なく、副作用によって症状が出る為、その違いをきちんと理解し対処していく事が望ましいです。
ページの先頭へ