デパスとは

デパス デパス(一般名:エチゾラム)とは、精神安定剤で1984年に誕生してから幅広い神経系の薬として利用されている薬です。
主に神経系やうつ病、心身症や統合失調症における(不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害)を改善するため利用されます。
多くの病に選択されている薬だけあって、効果が高く数多くの製薬会社がジェネリック医薬品を販売しております。
もともと日本国内で主流とされていた薬は、セルシン(一般名:ジアゼパム)という薬でしたが、デパスの方が有用性が高く主流となりました。
神経系の薬のほとんどが外国で誕生した薬ですが、デパスは日本の田辺三菱製薬株式会社が作ったもので純国産となります。
チエノジアゼピン系に含まれる薬であり、神経系の病気やうつ病などの精神疾患、心身症などの治療に利用されております。
また、ベンゾジアゼピンと同じ作用を持っていて睡眠薬としての一面もあります。
神経に作用してリラックスさせ、脳や身体の緊張や不安を取り除いてくれたり、興奮状態や苛立ちを抑え、寝つきやすくしてくれます。
緊張緩和という面から、腰痛や肩こりに応用して利用される場合もあります。

デパスの効果

デパスの効果は色々な所に現れ「万能薬」と呼ばれることもあるくらい作用する効果が多いです。
脳の神経に作用する薬であり、脳内のBZD受容体と呼ばれる部分に作用し、チエノジアゼピン系の抗不安薬とされていて、うつ病や心身症などの症状に使用されます。
大きな効果として、緊張や不安を緩和してくれる作用があり、不眠症などの改善、身体の異常を緩和してくれる効果があります。

デパスの主な効果

  • 緊張や不安、ストレスの緩和
  • 肩こり、腰痛などの緩和
  • 不眠症の改善

脳の神経に作用する薬であり、脳内のBZD受容体と呼ばれる部分に作用し、チエノジアゼピン系の抗不安薬とされていて、うつ病や心身症などの症状に利用されます。
大きな効果として、緊張や不安を緩和してくれる作用があり、不眠症などの改善、身体の異常を緩和してくれる効果があります。
緊張や不安の緩和が必要な症状として、パニック障害や更年期障害、自律神経失調症などの気分が落ち込んでしまった時やうつ病でも特に不安が強い時に利用されます。
エチゾラムという成分が、寝なくてはいけないなどの神経が興奮している状態を緩和してくれ、寝つきを良くしてくれる睡眠改善の効果もあります。
また心身症と呼ばれる、ストレスが身体の症状となって現れる、高血圧や片頭痛、胃潰瘍など身体の異常となっているストレスを緩和してくれる効果もあります。
しかし、心身症はストレス以外にも原因がある場合もあるので、必ずしも効果があるとは限りません。
デパスの効果は穏やかなものであるにも関わらず、即効性があるので、効果の持続時間は2時間程度で切れてしまいます。

デパスの副作用

デパスは安全性が高い薬とされており、重篤な症状を起こしてしまう副作用は少ないことで知られています。
症例数5%未満の副作用として多いのが、眠気やふらつき、脱力感や倦怠感が挙げられます。
その為、万が一を考え、服用後の車の運転や危険を伴う作業は控えてください。
高齢の方が服用される場合は、転倒して怪我をしたり、日中にボーっとしてしまうことがあるので、こういった場合には服用する量を減らしたり、適量をコントロールするようにしましょう。
副作用が少ないといっても、用法用量を超える服用は危険性が上がりますので、用量をきちんと守って服用してください。
定期服用中に急に服用をやめると反発症状が出ることもあるので、服用をやめるタイミングは医師に相談しましょう。
症例数で0.1%未満となりますが、重篤な副作用は依存、長期連用による離脱症状、苛立ち、不安感、けいれん、失禁、めまい、幻覚、混乱などの症状が出る場合もありますので、これらの症状が出た際には医師に相談してください。

デパスの重篤な副作用

  • 依存、長期連用による離脱症状
  • 苛立ち、不安感
  • けいれん、失禁
  • めまい、幻覚、混乱など

デパスの特徴でもある長期連用は、慣れにより効果を弱め、服用量が増え、薬に依存してしまうケースがあるので、効き目が薄くなったからといって、決められた服用量を超えた服用はやめてください。
また、依存症を回避するためにも、できる限り短い期間で服用するよう心掛けてください。

デパスとの併用禁止薬

正しい効果を発揮させる為、安全に服用をしていく為に、デパスの正しい服用方法を知っておく事は大切です。
併用禁止薬とは、飲み合わせが悪い薬という事であり、下記にいくつか紹介していきます。
アルコール(飲酒)は、副作用を強めて精神機能や知覚、運動機能の低下を起こす恐れがあります。
デパスと同様の効果を持つ安定剤や抗うつ剤、睡眠薬を一緒に併用してしまうと薬の効果が強くなり過ぎてしまう恐れがあります。
また、副作用が増強されてしまったり、身体に悪い影響が出たりしますので、服用中の薬がある時は必ず医師に相談しましょう。
妊娠中や授乳中の方も出来るだけ服用を避けることが望ましく、服用する場合は授乳を中止してください。

デパスの併用禁止薬

  • エスタゾラム(商品名:ユーロジン)
  • クロキサゾラム(商品名:セパゾン)
  • リトナビル(商品名:ノービア)
  • ジアゼパム(商品名:セルシン、ホリゾン)
  • クロチアゼパム(商品名:リーゼ)
  • クロルジアゼポキシド(商品名:コントール)
  • オメプラゾール(商品名:オメプラール、オメプラゾン)
  • ピリミジンジオン(商品名:プリミドン、マイソリン)
  • アモバルビタール(商品名:イソミタール)
  • メキタジン(商品名:ゼスラン、ニポラジン)
  • モノアミン酸化酵素阻害薬(商品名:オーロリックス、マネリックス)
  • 抗ヒスタミン薬(商品名:アメリジン)

デパスの離脱症状

デパスはベンゾジアゼピンの薬で、精神安定剤の中でも長期服用の場合は離脱症状の頻度が多く、その分効果が強力です。
服用を続ける内に脳が毎日身体に必要なものと認識してしまい、薬が体内に入ってくることを前提に体内の働きを調整するようになってしまいます。
長期にわたって服用を続けたり、大量に服用をしていると、次第に身体がデパスに依存するようになってきます。
離脱症状とは、ある日突然薬が体内に入ってこなくなると、脳が驚き、パニックを起こして身体に色々な不具合が生じ始めることを指します。
症状的には、イライラしてしまったり、気分が悪くなったり、発汗、吐き気、動悸、震え、緊張、頭痛を伴ったりします。
これらの症状は、すべて離脱症状と呼ばれています。
薬を突然やめるという変化に身体がついてこれなくなっていて、離脱症状が出ると考えられています。
突然服用をやめれば離脱症状が出る確率は高いので、自分の判断で突然やめるのではなく医師と相談の上、離脱症状を起こさないように徐々に量を減らし服用をやめていきましょう。

デパスの主な離脱症状

  • 気分が悪くなる
  • イライラする
  • 発汗、緊張
  • 頭痛、吐き気
  • 震え、動悸

デパスのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間(20~25年)が過ぎ、同一成分の医薬品として製造された総称です。いわゆるコピー商品です。
デパス(一般名:エチゾラム)のジェネリック医薬品は非常に多くの種類があり、成分量も数種類あります。

【製造している製薬会社一覧】
日医工、辰巳化学、鶴原製薬、メディサ新薬、日新製薬、藤永製薬、東和薬品、共和薬品工業、サンノーバ、大原薬品工業、長生堂製薬、小林化工、大正薬品工業、藤永製薬

ジェネリックを利用するメリットは、主成分のエチゾラムは同一のため作用は変わることなく安価で処方を受けられる点です。
ジェネリックとは後発医薬品の事を差しますが、同一成分を利用して開発費用を低く抑える事が出来る点がそのまま薬価に反映されています。
病院処方であっても、病院にジェネリックへ変更して欲しいと申し出れば、ジェネリックに変更してもらうこともできます。
日本以外にも様々な国で、デパスのジェネリック医薬品は製造されており世界各国でも利用頻度が高い精神安定剤となっています。
時間がなくて病院に行くことができない方や病院に行きたくないなど、医療機関に抵抗がある方でも安心して購入出来る先が増えており、海外通販でデパスジェネリックを個人輸入する方も多いようです。
ご自身で利用する目的で1ヶ月分までなら、個人輸入も法律で認められているので、輸入代行などを利用して通販購入することができます。
効果効能や副作用も一緒なので、先発薬であるデパスでなくても安心して服用できます。
個人で購入できるからといって、用法用量を守らず服用することは絶対にしないでください。
先程も説明しましたが離脱症状がでたり、重い副作用が出る場合があるので、決められた服用方法を守って正しく服用してください。
ページの先頭へ