ジェイゾロフトとは

ジェイゾロフト ジェイゾロフト(一般名:塩酸セルトラリン)とは、「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と呼ばれる種類の抗うつ剤の一つです。
諸外国では、1991年から販売を開始し、2006年に日本でファイザー社から発売を開始しました。
憂うつな気分を和らげてくれ、意欲を高めてくれる効果がある為、うつ病パニック障害の方に効果があり、心的外傷後ストレス障害や強迫性障害などにも応用されることがある薬となっております。
国内では3番目に承認を受けたSSRI系の抗うつ剤で、セロトニンの神経だけに作用が働く事が特徴で抗うつ剤に多い「口の渇き」「便秘」などの副作用が軽減されるようになりました。
抗うつ剤の中では比較的安全に使用できる薬となっておりますが、非常に稀なケースでは精神的な変調が見られる場合があり、興奮しやすく周囲に対して攻撃的になったり、自殺企図のリスクが増加したり悪い結果が出る場合もあります。
また、離脱症状を伴うこともある為、状態変化には十分な注意が必要な薬となっております。
効果は他の抗うつ剤に比べて弱いほうに入る為、穏やかに薬の効果が出てきます。安全にゆっくり治したい方にはピッタリの薬となっております。

ジェイゾロフトの効果

ジェイゾロフトの効果は、セロトニンの再取り込みを阻害する事によって落ち込んでしまった気分や不安を改善してくれる働きがあります。
セロトニンとは人の気分に関わる神経伝達物質であり、セロトニンの濃度を増やす事で神経の伝達が良くなり、気分が落ち着き安定し気持ちが楽になってきます。
脳内の他の部分には作用しないので、抗うつ剤特有の副作用も少ないほうになっております。
「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」系のパキシルなど、他の抗うつ剤に比べて効果が弱い為、効果を実感出来るようになるまで時間が掛かり、重度のうつ病の方には、ジェイゾロフトだけでは症状の緩和に繋がらない事もある為、そういった場合には効果が強い薬に切り替えた方が良いかもしれません。
効果が弱いから治療にならないという事はなく、強い薬は副作用なども強いから服用したくないという方や、少しだけ気分が上がれば良いという方もいる為、そういった要望の方には使いやすく好まれる薬となっております。
また、ジェイゾロフトはセロトニン以外にもドーパミンを放出してくれる作用があり、ドーパミンが増えると意欲的になりやすく楽しむ力が出てくる為、前向きにやる気が出る作用が期待出来ます。

ジェイゾロフトの主な効果

  • 気分が落ち着く
  • 気持ちが楽になる
  • 意欲向上

ジェイゾロフトの副作用

「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」の中でも副作用が少ないと言われているジェイゾロフトは、内セロトニン系以外の余計なところに作用しない為、副作用が出にくい薬となっております。
服用者1%前後と少なく、主な副作用は睡眠障害・頭痛・吐き気・下痢・便秘・多汗などの報告があります。
決して多く出るものではありませんが、神経が過敏になってしまいイラつきや不安の増加、落ち着かない気分になる事があります。
また、精神的な変調が起こりやすくなる為、攻撃的になってしまったり、自殺を考えてしまったりする場合もあり、特に服用開始時に多く見られる症状となっております。
稀なケースですが「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」特有の重篤な副作用があり「セロトニン症候群」というのがあります。
セロトニンの濃度が過剰になると起こってしまう副作用で「自律神経・神経・精神」の3つに症状が出ます。
特に、吐き気や下痢・筋強剛・錯乱などの症状などが挙げられます。
滅多な事では重篤(じゅうとく)な副作用は出ませんが、服用される方は、念の為に注意して服用するようにして下さい。

ジェイゾロフトの副作用

  • 睡眠障害
  • 頭痛、吐き気
  • 下痢、便秘、多汗

副作用による不調が大きい場合は、医師に相談して下さい。

ジェイゾロフトの併用禁止薬

正しい効果を発揮・安全に服用していく為にもジェイゾロフトの正しい服用方法を知っておく事は、非常に大切な事です。
セロトニン症候群という重い副作用を起こす恐れがある為、パーキンソン病の治療に用いるセレギリンとの併用は禁止されている為、一定期間を空ける必要があります。
また、ピモジドという高ぶった神経を鎮めたり、不安感や緊張感などの精神状態の改善に用いられる薬を併用してしまう事により重い不整脈を起こすことがあります。
お酒などのアルコール類と一緒に服用してしまうと副作用が出やすくなるので、服用前の飲酒は控えるようにして下さい。
その他、現在服用中の薬がある時や他の薬を併用する場合には、必ず医師に相談しましょう。

ジェイゾロフトの併用禁止薬

  • 炭酸リチウム(商品名:リーマス)
  • リネゾリド(商品名:ザイボックス)
  • スマトリプタン系片頭痛治療薬(商品名:イミグラン)
  • ワルファリン(商品名:ワーファリン)
  • 三環系抗うつ薬(商品名:トリプタノール)
  • セイヨウオトギリ含有食品(英名:セント・ジョーンズ・ワート)
  • トリプトファン(アミノ酸製剤)

ジェイゾロフトの離脱症状

ジェイゾロフトを減量する時は離脱症状が起こる事があります。これは抗うつ剤独特の現象であり、抗うつ剤の血中濃度が急に下がる事に体が対応できずに生じる反応です。
離脱症状は一般的に「シャンビリ」と呼ばれています。耳鳴りが「シャンシャン」と鳴り、手足が「ビリビリ」しびれる事から付けられた俗称です。
離脱症状は、医師の指示に従って徐々に減薬していけば起こす頻度は多くはありません。脱症状が起きるほとんどのケースは「自分の判断で勝手にお薬を減らしてしまった」事によります。
しかし中には医師の指示通り減薬を行っても、離脱症状が出てしまうこともあります。

ジェイゾロフトの離脱症状

  • 吐き気、ソワソワ感
  • シャンビリ(耳鳴り、しびれ)
  • 発汗、めまい
  • 震え

ジェイゾロフトは離脱症状を起こす頻度が少ないお薬ではありますが、起こりうる可能性はありますので、注意が必要です。
離脱症状の頻度を下げる為にも医師と相談しながら、徐々に服用量を減らしていきましょう。
ページの先頭へ