レクサプロとは

レクサプロ レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)は「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と呼ばれる第三世代の抗うつ剤となっており、SSRIの中では、全世界ナンバーワンの売上高を誇っている薬です。
レクサプロの主な成分は、エスシタロプラムシュウ酸塩という成分で作られております。
日本では、2011年に製造を承認され「レクサプロR錠10ミリグラム」として田製薬と田辺三菱製薬が製造販売をし、吉富製薬がプロモーション提携し販売が始まりました。
効果の高さと副作用の少なさが特徴的で精神科の医師以外でも処方しやすい薬となっており、比較的服用しやすい薬となっております。
ただし、劇薬指定もされておりますので自己判断で服用はしないようにしましょう。
尚、重い副作用が出る可能性もある為、十分に注意して下さい。

レクサプロの効果

レクサプロは神経伝達がスムーズになり、落ち込みや不安な気持ちを改善してくれるようになり、脳内の神経伝達物質は出来事によって分泌される物質が異なります。
気分が落ち込んだり、不安を感じるなどの症状は「セロトニン(血清から分離されるトリプトファンの代謝産物の一種)」が関係していると言われております。
意欲などはノルアドレナリンが関係しており、物事を楽しんだり興味などはドーパミンが関係していると言われております。
レクサプロは、この3つの中のセロトニンという神経伝達物質に作用し、セロトニンの量を増やしてくれる働きによって、抗うつ剤の効果が発揮されます。
分泌されたセロトニンは役割を果たし、不要になったセロトニンは脳内で回収されてしまいますが、レクサプロが回収を防いでくれます。
回収することを再取り込みと言いますが、レクサプロは再取り込みを出来ないようにして、セロトニンの量を増やし脳内に残ったセロトニンは残り続け、きちんと作用してくれます。
その為、セロトニンに作用する薬を「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と呼び、レクサプロ以外にも何種類かの種類がありますが、効果も高く副作用がもっとも少ないと言われているのがレクサプロになります。

レクサプロの主な効果

  • 効果と安全性のバランスが優れている
  • 効果の発現が早い
  • セロトニンを集中的に増やす

レクサプロの副作用

レクサプロは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」の中でも副作用は少ないと言われております。
もともと副作用が多い種類の薬ですので、少ないと言っても数多く複数の種類があります。
副作用である「吐き気」「頭痛」「口の渇き」は、服用を開始してから2週間程度で症状が出なくなると言われております。
2週間を超えて副作用が出る場合は、身体にレクサプロが合っていないのかもしれませんので、医師に相談して無理な服用を続けず、他の抗うつ剤の服用を処方してもらいましょう。
尚、性機能の障害はレクサプロを服用していく上で一番の問題になってきます。
性欲減退・射精困難・膣の分泌液の減少・勃起不全などの症状がみられ、吐き気などの副作用と違って2週間経っても改善されることはありません。性機能障害で困ってしまう方は他の抗うつ剤の服用をおすすめします。

レクサプロの副作用

  • 吐き気
  • 頭痛、眠気
  • 口の中が乾く
  • 性機能障害

精神の変調が気になる場合には、すぐに医師に相談してください。

レクサプロの併用禁止薬

レクサプロに含まれている成分に対して過敏症を起こしたことがある方や、再度レクサプロの服用を開始して過敏症が現われた方、モノアミン酸化酵素阻害薬を使っている方は、レクサプロの服用はしないようにしてください。
シタロプラム、ピモジド(危険な不整脈を起こす可能性あり)、セレギリン(セロトニン症候群を起こす可能性あり)も同様にレクサプロの服用が禁止されております。
QT延長の疾患を持っている方も服用が禁止されており、QT延長とは、先天性QT延長症候群と呼ばれるもので、突然脈が乱れ、立ちくらみや意識を失うことがある遺伝性の病気であり、リスクを最小化にするため併用を禁止されております。
また、躁うつ病の場合に服用してしまうと、逆効果を生む事がある為、一般的なうつ病との違いを見極めることが重要となってきます。
また、服用時にアルコール類を摂取していると、副作用が出やすくなる為、注意して服用するようにしてください。

レクサプロの併用禁止薬

  • スマトリプタン系片頭痛治療薬(商品名:イミグラン)
  • 炭酸リチウム(商品名:リーマス)
  • リネゾリド(商品名:ザイボックス)
  • 三環系抗うつ薬(商品名:トリプタノール)
  • セロトニン症候群の発症リスクを高める薬
  • トラマドール
  • 交感神経β受容体遮断薬(β遮断薬、βブロッカー)
  • 抗不整脈薬、抗血栓薬
  • 鎮痛剤

レクサプロの離脱症状

「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と同様に「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)」という種類の薬も離脱症状を起こします。
突然服用を中止したり、服用量を減らしてしまう事で離脱症状が出ます。
服用を急に止めたりしてしまうと急に血中濃度が下がり、身体が対応出来なくなった結果、離脱症状となって身体に異変が起きます。
レクサプロは半減期が長い為、離脱症状を起こすは事は殆ど無いと言えます。

レクサプロの離脱症状

  • 耳鳴り、しびれ、震え
  • めまい、発汗、吐き気
  • ソワソワ感(落ち着かない感じ)

レクサプロを服用している方で、離脱症状が出る多くの方は自分で勝手に判断し、薬の服用を辞めてしまう方になります。
また、体質によって薬の効果が効きやすい人などは、症状が出やすくなっています。
離脱症状が出ると、うつ病が再発したり、悪化したと思う方がいますが、離脱症状は副作用であり、再発や悪化とは全く異なるものです。
服用を止めようと思った時には、医師に相談して、徐々に服用量を減らして離脱症状の発症リスクを下げながら、レクサプロの服用を止めていきましょう。

レクサプロのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間(20~25年)が過ぎ、同一成分の医薬品として製造された総称です。
いわゆるコピー商品であり、後発医薬品の事を差しますが同一成分を利用して開発費用を低く抑える事が出来る点で、そのまま薬価に反映されており、安価で購入する事が可能です。
病院処方であっても、病院にジェネリック医薬品へ変更して欲しいと申し出れば、ジェネリック医薬品に変更してもらう事も出来ます。
レクサプロは、残念ながら日本国内では、まだジェネリック医薬品はありません。
2011年に製造されたばかりで新しい薬となっている為、ジェネリック医薬品が製造されるまでに10年かかり、2021年にならなければ日本国内でのジェネリック医薬品は製造されません。
うつ病治療に高い効果を発揮し、副作用の発生も少ないレクサプロですが、新薬であるレクサプロは値段が非常に高く、10mg=200円前後/1錠】と非常に高い値段となっております。1日2錠の服用と考えると、1日で400円もかかってしまいます。
使用したいけど、高額な治療費負担を強いられることになる為、多少の副作用は気にせず値段が安い薬を使う方もいるくらいです。
海外で既ににレクサプロのジェネリック医薬品が製造販売されており、「エスシタデップ」というジェネリック医薬品があります。もちろん含まれている成分や効果は変わる事が無い為、安心して服用する事が出来ます。
購入方法は、個人輸入代行会社を利用すればインターネットで注文可能な為、24時間いつでも注文することが出来ます。
新薬に比べれば非常に安く購入できる為、値段が高くてレクサプロの服用を諦めていた方は、この方法で購入してみてください。
ページの先頭へ