ロゼレムとは

ロゼレム ロゼレム(一般名:ラメルテオン)とは、自然な眠りを促すベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。
武田薬品工業社がメラトニン受容体に作用する初めての睡眠薬として開発し、最初にアメリカで承認され、日本では2010年より販売されました。
人間の脳内にある松果体と呼ばれる器官から睡眠ホルモン物質のメラトニンが分泌され、脳の視交叉上核にあるメラトニン受容体と合体し、自然な眠気が発生します。
ロゼレムはメラトニンに似た働きをする為、自然な眠りを促す効果を発揮する睡眠薬になり、睡眠薬と分類されてますが、睡眠補助薬とも言われております。
精神疾患や不眠症の治療歴がある方への有効性などは確立してなく、軽い不眠症の方に向いております。

ロゼレムの効果

ロゼレムは脳内の松果体から分泌される睡眠ホルモン物質のメラトニンと似た働きをする為、脳の視交叉上核にあるメラトニン受容体と合体し、自然な眠気を発生させる為、人間の生理的な睡眠メカニズムを利用した自然な眠りを促します。
単なる眠気を誘発するだけの睡眠薬ではない為、体内時計のリズムが崩れてしまった概日リズム睡眠障害の改善効果にも適しております。
尚、従来のベンゾジアゼピン系の睡眠薬に比べて即効性は弱く、睡眠作用が出るまでに時間が掛かる為、睡眠時刻の約2時間前に服用する必要があります。

ロゼレムの主な効果

ロゼレムの副作用

ロゼレムは自然な眠りを促す睡眠薬の為、安全性が非常に高く副作用は少なく依存性もありませんが、個人差がある為、注意してください。
人によっては、翌朝に眠気やめまいなどが残ったり倦怠感が残る場合もある為、運転や危険作業をする方は服用しないでください。
仮眠などには不向きの為、途中に起きて仕事などしなければならない方などは服用しないようにしてください。

ロゼレムの副作用

  • 眠気、めまい
  • 倦怠感
  • 性欲減退

精神の変調が気になる場合には、すぐに医師に相談してください。

ロゼレムの併用禁止薬

併用禁止薬とは、飲み合わせが悪い薬ということであり下記にいくつか紹介しておきます。
抗うつ剤と睡眠薬の併用は多いですが、ロゼレムの血中濃度が上昇する恐れがある為、抗うつ剤のフルボキサミン(商品名:デプロメール、ルボックス)との併用は禁止になります。
薬の効果を弱める恐れがある為、就寝前にカフェインが含まれ日本茶やコーヒー、紅茶などを飲むことは避けるようにしてください。
アルコール類のお酒は、副作用を強める恐れがある為、ロゼレムの服用中は飲酒を控えるようにして下さい。
その他、現在服用中の薬がある時や他の薬を併用する場合には、必ず医師に相談しましょう。

ロゼレムの併用禁止薬

  • フルボキサミン(商品名:デプロメール、ルボックス)
  • レボフロキサシン(商品名:クラビット)
  • イトラコナゾール(商品名:イトリゾール)
  • クラリスロマイシン(商品名:クラリス、クラジット)
  • リファピシン(商品名:リファジン)

ロゼレムの離脱症状

ロゼレムは自然な眠りを促す、非常に安全性の高い睡眠薬の為、離脱症状はありませんが、個人差もある為、副作用のような症状を伴う場合も考えられますので注意してください。

ロゼレムの離脱症状

  • 眠気、めまい
  • 意識混濁、不安感

離脱症状は、病気の再発や悪化とは全く関係なく、副作用によって症状が出る為、その違いをきちんと理解し対処していく事が望ましいです。
ページの先頭へ