原因不明のうつ病と診断

この投稿にコメントを書く場合は、この投稿の最下部よりコメントを送信して下さい。
書き込まれたコメントに対して返信する場合は、「返信する」から返信して下さい。
※ Javascript が無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

当サイトのご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

※ Javascript を有効にすると登録フォームが表示されます。

うつ病の投稿コメントする

和真
男性 和真(非公開)
原因不明のうつ病と診断
うつ病を完治させるには、原因を突き詰める事と、
主治医に言われましたが、はっきりした原因が分からない場合はどうしたらいいんでしょうか?
私の場合、仕事を初めてからパワハラで、
徐々に体調が悪くなり吐き気から始まったのですが、
最初は内科に行ってドンペリドンという吐き気止めを貰ってましたが、
飲んでも効かなかったので、仕事も忙しかった為、
それ以降は病院にかかってませんでした。
3年間くらい精神科にかかり改善されず、
セカンドオピニオンも受けましたが結果は同じで、
完治せず一生このままこの病気と付き合っていかなければならないのかと思うと恐怖と不安で押し潰されそうです。
原因不明のうつ病の方、完治されましたか?
またどういう方法で原因を見つけましたか?

百瀬
男性百瀬(非公開)
私は仕事と家庭環境、性格が組み合ってうつ病になりました。
うつ病って言うのは病気ですが、脳の病気です。
自分がうつと知らなければうつにも気付かないんです。
人間は誰しもがうつを持っていて、知った時が最後です。
まず診断された時に、知ろうとしますね?
うつ病は何かと考えた時、哲学では有りませんが、自身の現実を知ります。
うつ病とはどういったものでどうしたら発病して、どうやったら治るのか?
追及すればする程、未知の人の感情連鎖が広がっていきます。
これを治すのには、自分の性格の理解から初めます。

このコメントに返信
トモヤン
男性トモヤン(非公開)
私は通院している精神科でリワークに参加しているのですが、
原因がよく分からない人も多いです。というか単純な理由ではなく、いろいろなきっかけが複雑に絡み合って発症している、ということでしょうか。
うつが治った人の経過というのは、今は直接・関節にさまざまな情報を得ることができます。
私はうつに効果があるという情報があれば、可能なものは試しています。
一生この病気と付き合っていかなければならないのかというのは決して違うと思います。
恐怖と不安というのはうつの症状自体でもあるので、
焦らず、正しい治療を続けていけば必ず治るものと思います。

このコメントに返信
和真
男性和真(非公開)
百瀬さん、トモヤンさんコメントありがとうございます。 一生うつ病と付き合う事はないんですね…。 何だかそれを聞いて安心しました。 でも原因不明と言われてしまったら、どうしていいのか分からない…。 どんどん不安になり、色んな事と考えてしまい、前向きな事を考える事ができいです…。 それはそれで辛いものですよ。 焦らず、自分に合った治療方法を探し、完治させたいです。 私もトモヤンさんの様に、効果があるという情報を教えていただいてもいいですか?
このコメントに返信
トモヤン
男性トモヤン(非公開)
効果がある、というのは私の場合単純な事です。 〇2回転院しました。その結果、共感してくれる主治医と初めて出会い、医師と患者が対等な立場で納得がいく治療をすることができました。 〇減薬しました。薬は時として自然治癒力を低下させると思っています。 〇通院先の病院のリワーク・プログラムに参加しています。ここでは自分の性格の傾向を客観的に見る訓練をしています。 〇1か月前から東洋はり医学会に所属する鍼灸院に通っています。まだ効果は実感できません。 〇本屋に行けばうつ病の治療に関するいろいろな書物があります。私は「対人関係療法」を扱った本や「食事療法」を扱った本を読んで、自分に合いそうな所は取り入れようとしています。 こんなところです。 私は9年間うつ病と付き合っています。まさしく最も悪い治療例です。物凄く回り道をしました。上記で挙げたのは1年程前から順次実行したものです。私のようにうつ病の泥沼に入る人が一人でも少なくなるよう出来る限り投稿させてもらっています。何がきっかけで良くなるかは人それぞれです。病気のことは結局、患者本人が最もよく知っているものです。インターネットなどでうつ病のことはさまざまな情報を得ることができます。和真さんが十分納得のいく治療をされ一日も早くうつ病を克服されることを願ってやみません。
このコメントに返信
ページの先頭へ