PTSD 診断・症状チェック

PTSDは心的外傷後ストレス障害と呼ばれる命の危険が脅かされるような出来事(天災、戦争、事故、犯罪)により、強い精神的なショックを受けることが原因でトラウマとなるストレス症候群です。

この「PTSD 診断・症状チェック」はアメリカの精神医学会(American Psychiatric Association)が作った国際的に使われている自己評価表です。
自分自身の状態を測定し、あくまで目安として心の状態を客観視して頂ければと思います。
※Javascriptが無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

無料診断のご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。
あなたにPTSDの傾向がないか、現在の症状から無料で診断します。
この「PTSD 診断・症状チェック」は、PTSDの様々な症状を考慮して作成しています。
全17問で2分程度で診断できます。

スタート!!

先生
  • 災害や事故、戦争、暴行事件、戦争などの経験があり、実際に自分自身の命の危険や他人の命が危険にさらされる、もしくは奪われる場面に遭遇した経験があり、強い恐怖感や無力感・戦りつを感じ、トラウマになっている。

    • は い

    • いいえ

  • 1か月以上トラウマとなった出来事の記憶やイメージ、におい、音、感覚を何度も思い出し苦痛を感じる

    • は い

    • いいえ

  • トラウマの原因になった出来事に関する夢を見るたび苦痛を伴い、1か月以上何度も夢をみる

    • は い

    • いいえ

  • トラウマの原因となった出来事が再び起こっているかのように行動したり、感じたりする事が1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • トラウマの原因となった出来事を思い出したときに精神的、心理的に非常につらくなってしまうことが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • トラウマの原因となった出来事を思い出したときに、汗をかいたり、動悸が激しくなる、全身がこわばったような状態になることが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • トラウマの原因となった出来事を思い出してしまうような行動や場所、人物を避けようとすることが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • トラウマの原因となった出来事の一部分が思い出せないことが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • 重要な活動への参加を拒否したり、関心がなくなってしまうことが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • 他の人から孤立したり、関係が遠のいたりしていることが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • 愛情や喜びなどのありふれた感情が減っていることが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • 仕事、結婚、子供、寿命などの将来の事を期待出来なくなっていることが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • 睡眠障害(寝付きが悪い、目が覚めてしまう、早朝早くに目が覚めてしまう)が1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • イライラしたり、怒りが爆発したりすることが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • 物事に集中できないことが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • 危険の兆候に対して常に警戒していることが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • 必要以上に物事に驚いてしまうことが1か月以上続いている

    • は い

    • いいえ

  • 診断結果
    スコア (100点満点で高得点ほど重い症状)
    状態
    寸評

PTSDとは

PTSDは心的外傷後ストレス障害と呼ばれる生命の危険を脅かされるような体験や目撃により、生命の危険を感じる体験が心の傷となってしまい、そのことを何度も思い出し、恐怖を感じ続けてしまいう特徴的なストレス症候群です。
生命の安全が脅かされるような、自然災害、戦争、事故などの経験により心的外傷(トラウマ)を抱えてしまう障害です。
また、幼少期の虐待、女性では性的暴行などでPTSDを発症することもあります。

PTSDの症状が出たとしてもそのほとんどは1~3か月ほどで自然に治っていくとされています。
症状が治らない場合は、なぜ「慢性化してしまうのか」を考える必要があります。
最も重要とされているのは、PTSDの原因となった体験をした後のサポートです。
被害の相談をした後に、心ない対応をされてしまうことで二次的トラウマになってしまうと、回復が妨げられてしまいます。
薬物療法、精神療法などで早期の治療を心がけましょう。
ページの先頭へ